インフルエンザと喉の乾燥予防と加湿器の使い方

気温が低くて乾燥した状態は、ンフルエンザにとってみれば、もってこいの好条件です。インフルエンザウイルスが最も活躍してしまう湿度というものがあります。湿度というのは、50%より低い状態だと、ウイルスは活性化します。そして湿度が60%を超えると、今度はカビだとか、ダニなどが大発生しやすくなります。ダニやカビなどは、アレルギーのもとにもなるので、気を付けないといけません。冬のシーズンにおける、室内の環境というのは、湿度は50%くらいで、室温としては、18度から20度程を維持するのが、人間の健康にとっても良い状態です。温湿度計を部屋に置いておくと便利です。

インフルエンザ予防として、喉の乾燥予防をしていくのも大切なことです。インフルエンザにかからないためには、室内での対策もしっかりとしましょう。室内で役に立つのが、加湿器の存在です。加湿器の使い方は、水を入れてスイッチオンというのが一般的ですから、簡単に取り入れやすいです。加湿器の使い方ですが、最近では様々なタイプが有り、電気を使わないタイプもあります。喉の乾燥予防のためにも、部屋や職場のデスクにも、加湿器は置いておくと、インフルエンザ予防に役立ちます。

そんな力になってくれる加湿器ですが、気を付けたい使い方もあります。定期的に掃除をするということを、忘れないようにしましょう。雑菌やカビは、とても繁殖しやすいです。空気中にそれらは撒き散らされるので、汚れたまま使用すると、咳が出たり、喉が痒くなったりします。ですから、こまめな掃除を心がけることです。また、加湿器の水は、1日の終わりには捨てるようにします。水の交換は、毎日行い、キレイな水を入れ替えて加湿します。