インフルエンザの重症度

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することで発症します。

通常の風邪とは異なり、高熱が出るという特徴があります。
また、関節痛や体のだるさ等、全身症状もあらわれます。
重症度が高くなると、合併症を引き起こすこともあります。

治すためには、インフルエンザウイルスに効果のある薬を服用するということも大事ですが、できるだけ安静にしておくということも大切です。
睡眠を十分とり、水分補給を忘れないようにしましょう。
治るまでには、一週間程度かかります。

インフルエンザは咳やくしゃみ等から感染するため、他の人にうつさないように、病院に行く時等はマスクをするといった配慮が大切です。
熱が下がっても、二日間程は自宅で安静にしておく必要があります。

インフルエンザに感染しないためには、外出して帰ってきた時に手洗いとうがいをしっかりするといった予防や、外出する時にはマスクをするといった予防が効果的です。
また、流行する前にワクチンを接種しておくことも有効です。

インフルエンザに感染しないよう、普段から予防しておくことが大切です。
体調に異変を感じた時は、風邪だと自分で決めつけず、できるだけ早めに病院に行くようにしましょう。