インフルエンザと回復後感染とお風呂について

インフルエンザの回復後感染には、注意をしたほうが良いです。インフルエンザの潜伏期間についてですが、だいたい1日から2日が一般的です。その期間を経て、症状があらわれはじめます。短期間でもインフルエンザ潜伏期間になると、24時間というみ時間時間の後で、体には症状が出て来る事になるます。反対に、長いインフルエンザの潜伏期間であれば、4日から5日した後に、体には症状が出てくることになります。 ちなみに新型インフルエンザの潜伏期間になると、だいたい1日から1週間程度です。インフルエンザ潜伏期間が終わったあとは、本格的な症状になります。急に38度から40度の高い熱が出てきます。高熱が出たら、ひどい頭痛もしますし、悪寒を感じたり、乾性の咳も出るようになります。背中など、体の節々が痛みを感じます。普通の風邪よりも、症状は強く出てきます。 しかしこの症状も、いつまでも続くものではないです。2日から3日がピークであり、症状は治まっていきます。気をつけたいのは、回復後感染です。治りかけのところで、自分ではもう回復したつもりで、早々会社へ集金したら、回復後感染で迷惑をかけるというケースも考えられます。安易な自己判断ではなく、医療機関での医師の指示に従うことです。 インフルエンザにかかったら、高温のうちはお風呂は控えます。汗が出ますから、着替えなどはするようにして、体を暖かいタオルで拭いたりするのは良いです。お風呂に入るのは、37度くらいまで熱が下がってからにします。発汗が良くなっていて、たくさんの汗をかいています。お風呂に入って、たくさんかいた汗や、ウイルスなども洗い流すことです。湯冷めには気を付けるようにしましょう。
Read More