インフルエンザの発熱期間はどの程度で風邪との違い

毎年冬に話題となるインフルエンザですが、インフルエンザウイルスに感染する事によって発症します。 ウイルスは気温が20度前後、湿度が20%程度が繁殖しやすい環境となり、日本の場合は冬は乾燥しやすい事が原因でウイルスが増殖しやすいので冬に流行します。 インフルエンザウイルスに感染すると、潜伏期間があって大体1日から3日程度が潜伏期間となります。 その後、突然38度以上の高熱や関節痛、頭痛、全身の倦怠感などといった症状が現れます。 また、鼻水やのどの痛みといった症状が現れる事もあります。 発熱期間は大体3日から7日程度であり、一般的な健康的な大人であれば1週間程度で体調が回復します。 インフルエンザの症状を軽くするためには抗インフルエンザウイルス薬を服用すると、ウイルスの増殖を抑える事が出来ます。 発症後に直ぐに服用すれば発熱期間を1日から2日程度短縮する事が出来ます。 ただ、症状が軽くなったら薬の服用をすぐに止めずに、しばらく安静にしていた方が良いです。 熱が下がってもしばらくはウイルスを人に感染させてしまう可能性もあるからです。 風邪との違いについては、風邪の場合は通常は微熱であり症状ものどの痛みやくしゃみ、鼻水などの症状が主になります。 それに対してインフルエンザは先ほども述べたように、突然の高熱以外に全身の倦怠感などの全身症状が強く表れるという違いがあります。 インフルエンザを風邪の症状が重い程度に軽く考える人もいますが、抵抗力の弱い子供やお年寄りにとっては脅威であり、ニュースでも時々取り上げられるように世界規模で流行する恐れもあるために、決して軽く考えてはならないです。 風邪との違いを説明しましたが、冬にそれらしい症状が現れた場合は早目に医者に診てもらって薬を処方してもらえば、発熱期間を短く出来るので、疑わしい場合はすぐに病院に行った方が良いです。
Read More