インフルエンザの発熱期間はどの程度で風邪との違い

毎年冬に話題となるインフルエンザですが、インフルエンザウイルスに感染する事によって発症します。 ウイルスは気温が20度前後、湿度が20%程度が繁殖しやすい環境となり、日本の場合は冬は乾燥しやすい事が原因でウイルスが増殖しやすいので冬に流行します。 インフルエンザウイルスに感染すると、潜伏期間があって大体1日から3日程度が潜伏期間となります。 その後、突然38度以上の高熱や関節痛、頭痛、全身の倦怠感などといった症状が現れます。 また、鼻水やのどの痛みといった症状が現れる事もあります。 発熱期間は大体3日から7日程度であり、一般的な健康的な大人であれば1週間程度で体調が回復します。 インフルエンザの症状を軽くするためには抗インフルエンザウイルス薬を服用すると、ウイルスの増殖を抑える事が出来ます。 発症後に直ぐに服用すれば発熱期間を1日から2日程度短縮する事が出来ます。 ただ、症状が軽くなったら薬の服用をすぐに止めずに、しばらく安静にしていた方が良いです。 熱が下がってもしばらくはウイルスを人に感染させてしまう可能性もあるからです。 風邪との違いについては、風邪の場合は通常は微熱であり症状ものどの痛みやくしゃみ、鼻水などの症状が主になります。 それに対してインフルエンザは先ほども述べたように、突然の高熱以外に全身の倦怠感などの全身症状が強く表れるという違いがあります。 インフルエンザを風邪の症状が重い程度に軽く考える人もいますが、抵抗力の弱い子供やお年寄りにとっては脅威であり、ニュースでも時々取り上げられるように世界規模で流行する恐れもあるために、決して軽く考えてはならないです。 風邪との違いを説明しましたが、冬にそれらしい症状が現れた場合は早目に医者に診てもらって薬を処方してもらえば、発熱期間を短く出来るので、疑わしい場合はすぐに病院に行った方が良いです。
Read More

三重県のインフルエンザマスクのフィルター

三重県でも毎年年が明けるころになるとインフルエンザの流行が宣言され、そのころからドラッグストアなどではマスクの売れ行きも活発になりますが、マスクといっても一般的に売られているのはサージカルrマスクとよばれるもので、お顔への密着度も弱めなものが多いです。三重県でインフルエンザが大流行する前にウイルスに感染しないように自分で対処したいときには、サージカルマスクよりももっとフィルターが高性能な専門のマスクがおすすめです。飛沫感染をしてしまうようなインフルエンザだと、他人がせきやくしゃみをしたときに全くマスクなどをつけていないとそれだけ飛沫感染してしまうリスクも高まりますが、フィルターがしっかりしている高性能のマスクをしておけば、たとえ他人がせきやくしゃみを間近でしたとしても自分ののどや鼻の粘膜にウイルスが付着してしまうのを防げます。もちろんインフルエンザを100パーセント完全に防げる方法はありませんが、三重県の予防対策を受けたり、サージカルマスクではなくフィルターが高性能のマスクを選ぶなどの自分のチョイスによってリスクを大幅に減らすことは可能です。 そのほかにもインフルエンザに対する予防対策としては、寒い冬の間もお部屋の温度を高くして、湿度を高く保つということもたいせつです。インフルエンザウイルスそのものを無効化してくれるような空気加湿清浄機も売られていますが、そうした予防対策はお金がかかるので、まずは殺菌効果のある石鹸で手洗いを徹底的にしてインフルエンザウイルスを家の中に持ち込まないようにしたりウイルスを増殖さえないように高温多湿の環境づくりをするなど、インフルエンザ対策を進めていきましょう。
Read More

インフルエンザと喉の乾燥予防と加湿器の使い方

気温が低くて乾燥した状態は、ンフルエンザにとってみれば、もってこいの好条件です。インフルエンザウイルスが最も活躍してしまう湿度というものがあります。湿度というのは、50%より低い状態だと、ウイルスは活性化します。そして湿度が60%を超えると、今度はカビだとか、ダニなどが大発生しやすくなります。ダニやカビなどは、アレルギーのもとにもなるので、気を付けないといけません。冬のシーズンにおける、室内の環境というのは、湿度は50%くらいで、室温としては、18度から20度程を維持するのが、人間の健康にとっても良い状態です。温湿度計を部屋に置いておくと便利です。 インフルエンザ予防として、喉の乾燥予防をしていくのも大切なことです。インフルエンザにかからないためには、室内での対策もしっかりとしましょう。室内で役に立つのが、加湿器の存在です。加湿器の使い方は、水を入れてスイッチオンというのが一般的ですから、簡単に取り入れやすいです。加湿器の使い方ですが、最近では様々なタイプが有り、電気を使わないタイプもあります。喉の乾燥予防のためにも、部屋や職場のデスクにも、加湿器は置いておくと、インフルエンザ予防に役立ちます。 そんな力になってくれる加湿器ですが、気を付けたい使い方もあります。定期的に掃除をするということを、忘れないようにしましょう。雑菌やカビは、とても繁殖しやすいです。空気中にそれらは撒き散らされるので、汚れたまま使用すると、咳が出たり、喉が痒くなったりします。ですから、こまめな掃除を心がけることです。また、加湿器の水は、1日の終わりには捨てるようにします。水の交換は、毎日行い、キレイな水を入れ替えて加湿します。
Read More

インフルエンザと回復後感染とお風呂について

インフルエンザの回復後感染には、注意をしたほうが良いです。インフルエンザの潜伏期間についてですが、だいたい1日から2日が一般的です。その期間を経て、症状があらわれはじめます。短期間でもインフルエンザ潜伏期間になると、24時間というみ時間時間の後で、体には症状が出て来る事になるます。反対に、長いインフルエンザの潜伏期間であれば、4日から5日した後に、体には症状が出てくることになります。 ちなみに新型インフルエンザの潜伏期間になると、だいたい1日から1週間程度です。インフルエンザ潜伏期間が終わったあとは、本格的な症状になります。急に38度から40度の高い熱が出てきます。高熱が出たら、ひどい頭痛もしますし、悪寒を感じたり、乾性の咳も出るようになります。背中など、体の節々が痛みを感じます。普通の風邪よりも、症状は強く出てきます。 しかしこの症状も、いつまでも続くものではないです。2日から3日がピークであり、症状は治まっていきます。気をつけたいのは、回復後感染です。治りかけのところで、自分ではもう回復したつもりで、早々会社へ集金したら、回復後感染で迷惑をかけるというケースも考えられます。安易な自己判断ではなく、医療機関での医師の指示に従うことです。 インフルエンザにかかったら、高温のうちはお風呂は控えます。汗が出ますから、着替えなどはするようにして、体を暖かいタオルで拭いたりするのは良いです。お風呂に入るのは、37度くらいまで熱が下がってからにします。発汗が良くなっていて、たくさんの汗をかいています。お風呂に入って、たくさんかいた汗や、ウイルスなども洗い流すことです。湯冷めには気を付けるようにしましょう。
Read More

エボラ症状とインフルエンザ感染との区別が困難

2014年9月30日に全米を震撼させるほどの衝撃的なニュースが報道されました。 それは、テキサス州のダラスにおいて1人の男性にエボラの症状が発症したというものです。 懸命な治療の甲斐もなく、エボラの症状を発症した男性は8日後に死亡しました。 男性の治療に携わった2人の看護師も相次いて二次感染してしまいました。 男性を収容し治療を行った病院は、古くから信頼と実績があり、かつての大統領が心臓手術を行ったほどです。 そのような病院で男性を救う事ができなかった上に治療に携わった看護師が2名も相次いで二次感染してしまった事でエボラ出血熱の恐ろしさをまざまざと見せつけられる事になったのです。 ダラスでの二次感染被害は、数々の問題点を浮き彫りにしました。 その一つとして、空港での検疫の際に感染者がすり抜ける事が挙げられます。 死亡した男性は、リベリアで感染したもののアメリカに入国する際には症状がありませんでした。 このように感染していたとしても潜伏期間であれば症状が出ません。 かつて日本では2009年に新型インフルエンザが問題になった際、水際対策に力を注ぐあまり国内での発見が遅れた過去があります。 エボラ出血熱の潜伏期間は、最大で21日間なのでより一層困難な状況になると言えます。 現代のように、国際的で各国の人々の往来が激しい場合は例外なくどのような国もエボラ出血熱の国内感染に対策を打つ必要があります。 エボラ出血熱とインフルエンザの症状は似ているため、インフルエンザが流行期に入りインフルエンザに感染している方が増加すると、さらにエボラ出血熱との区別がつきにくくなり混乱が予想されます。 こうした事から専門家は声を揃えて先進国であっても予防対策を講じるのは難しいとしています。
Read More

医療保険制度を維持するために

日本の消費税が8%になったことで肉や野菜類などの食費を節約し、体調不良になり医療費を支払うことになった人はどれくらいいるでしょうか。 健康を維持するために栄養素の不足をサプリメントで補ったり、適度な運動を取り入れたり色々な方法を試している人もいるでしょう。  どんなに気を付けても体調を崩してしまう可能性はなくなりません。 熱が出て会社に行きたくなくても、感染症ではない限り出勤しなくてはならず、病院に行くのが遅れてしまうケースもあります。  医療保険制度は病気を発症した際の金銭的な負担を軽減してくれる制度です。 また、年齢や条件によって窓口での負担割合が異なることも特徴です。  しかし、万が一入院や手術、通院を余儀なくされる病気を発症した際、医療費の増加は家計に大きな痛手を負わせます。 民間の保険に加入していても、即座にお金が手元に届く訳ではないので、いくらかの貯金は必要となってきます。 ただ、食費が上がり続けているなかでのやりくりは厳しい家庭もあるでしょう。  家計における医療費の増加を避けるために、健康を維持することは、ますます重要なことになっています。 医療費を節約することは食費を節約することよりリスクが高くなるからです。
Read More

医療費節約=経済効果!

2011年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費の総額は、38兆5850億円と発表されています。 日本の社会自体が高齢化社会になってきており、日本全体で使う医療費も増えてきています。 税制において医療費控除という制度があり、家計で使った医療費の負担を少しでも減るようにという政策はありますが、いかんせん高齢になってくると、病院へ行くことも増えていきますので、家計に与える負担も大きくなってきています。 医療費節約をすることで、家計に与える経済効果は大きいと言われています。 医療費を節約するためには、まず家族が健康であることが大切になります。 企業では「健康費」という名目で、より健康に対して意識だけでなくお金も使うことを推奨する企業もあります。 なぜ健康であることひいては医療費を節約することが家計に経済効果をもたらすかというと、当然医療費として支出していた分が少なくなりますのでその分だけお金が残ることはもちろんですが、もし仮に病気で通院することになった場合に、それまで働いていた人の給料や収入が下がることがあります。 これらの見えない支出を抑えるという面からも医療費節約の経済効果はあります。
Read More

国民の平均医療費

現在の日本人の平均寿命は83歳となっており、世界でもトップクラスの長寿国となっています。 しかし、長寿国になったことは大変喜ばしい反面、近年は少子高齢化社会の進行が問題になっており深刻化しています。 一般的に高齢者と言われる年齢は65歳以上で、現在では日本の全人口の約25%が65歳以上の高齢者となっています。 少子高齢化社会になることで、社会保障費の増大、生産年齢人口の減少、介護負担の増大などといった課題が深刻化しています。 特に改善するべき課題となっているのが、社会保障費の増大です。 1960年ころの社会保障費は失業対策や生活保護がほとんどでしたが、現在では医療費、年金がほとんど占めています。 具体的に現在の社会保障給付費は110.6兆円、その中で医療費36兆円、年金53.3兆円、介護・福祉21兆円と年金と医療費だけで社会保障給付費の80%近くを占めているといった状況です。 現在の日本国民の平均医療費はというと、年間の平均は24.6万円で、65歳以上は67.3万円、75歳以上は86.1万円と年を追うごとに急速に増大していき、10年後、20年後にはますます増大しているといった予想がされており、早急に対応していく必要があります。
Read More

インフルエンザの重症度

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することで発症します。 通常の風邪とは異なり、高熱が出るという特徴があります。 また、関節痛や体のだるさ等、全身症状もあらわれます。 重症度が高くなると、合併症を引き起こすこともあります。 治すためには、インフルエンザウイルスに効果のある薬を服用するということも大事ですが、できるだけ安静にしておくということも大切です。 睡眠を十分とり、水分補給を忘れないようにしましょう。 治るまでには、一週間程度かかります。 インフルエンザは咳やくしゃみ等から感染するため、他の人にうつさないように、病院に行く時等はマスクをするといった配慮が大切です。 熱が下がっても、二日間程は自宅で安静にしておく必要があります。 インフルエンザに感染しないためには、外出して帰ってきた時に手洗いとうがいをしっかりするといった予防や、外出する時にはマスクをするといった予防が効果的です。 また、流行する前にワクチンを接種しておくことも有効です。 インフルエンザに感染しないよう、普段から予防しておくことが大切です。 体調に異変を感じた時は、風邪だと自分で決めつけず、できるだけ早めに病院に行くようにしましょう。
Read More